ベータ(β)

関連知識

株式市場全体の株価変動に対して、個別株式の株価がどの程度の割合で変動するかを示す指標です。株式投資における銘柄選択や、DCF法による企業価値評価において用いられます。


ベータが1の銘柄は市場全体と同じ値動きをし、ベータが1より大きい(小さい)銘柄は市場平均より値動きが大きい(小さい)ことを示します。ベータがマイナスの銘柄は、市場全体と逆方向の値動きをすることを意味します。たとえば、TOPIXに対するベータが2の銘柄の場合、TOPIXが10%上昇した場合は株価が20%上昇し、TOPIXが10%下落した場合には株価が20%下落するということです。
ベータが大きいほど、ボラティリティが大きくリスク(将来の不確実性)が高い銘柄と言えます。

ベータは、市場全体の収益率と個別銘柄の収益率を統計的に処理して求められます。市場における過去の株価変動データを元に計算されたベータが、金融機関などから公表されています。