簿価純資産法

関連知識

企業価値評価の手法である純資産法のうち、貸借対照表上の純資産(簿価純資産)を基礎として評価を行う手法です。

対象会社の決算に誤りがある場合には、適正に計算し直した簿価純資産の額を基礎として計算を行う必要があります。