ブックビルディング

関連知識

ブックビルディングとは、新規上場時における株式の募集・売出し価格の一般的な決定方法です。需要積み上げ方式とも呼ばれます。


ブックビルディング方式では、上場承認後に以下の手順を経ることにより、投資家からの需要申告を基礎として株価を決定します。

①社長やIR責任者が主な機関投資家を訪問し、自社の事業内容等を説明する(ロードショー)。
②想定株価、申込予定株数等について、機関投資家にヒアリングを行う。

③上記の結果などを踏まえ、仮条件(需要申告における上限価格と下限価格)を決定する。
④投資家は、仮条件の範囲内で、購入を希望する価格、株数を主幹事証券会社に申告する(需要の申告)。
⑤投資家からの需要の状況や市場動向を踏まえて、投資家の購入価格(公開価格)を決定する。