CAPM

関連知識

CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは、資本資産評価モデルとも呼ばれ、株主資本コスト(株式投資に対する要求利回り)の算出に当たって用いられる理論です。一般的に、キャップエムと発音されています。

株式投資のリスクは、安全資産(リスクのない資産=一般的には国債を想定します)に対する投資よりもリスクが高いため、株主は追加的なリターン(リスク・プレミアム)を求めます。CAPMは、株式投資におけるこのリスク・プレミアムを、株式市場全体のリスク・プレミアムとそれに対する個別株式の変動特性という2つの要素に分解して説明しようとするものです。
CAPMにおいて、株主資本コストは以下のように計算されます。
  株主資本コスト = リスクフリーレート + β × マーケット・リスクプレミアム

○リスクフリーレート

安全資産の利回りを意味します。長期国債等の利回りを用います。
 

○マーケット・リスクプレミアム

株式市場全体で見た場合に、安全資産よりどれだけ利回りが上乗せされているかを示す指標です。市場全体の投資利回り-リスクフリーレートで求めます。
 

○β

市場全体の株価変動に対して、個別株式の株価がどの程度の割合で変動するかを示す指標です。