コントロール・プレミアム

関連知識

会社に対する支配権を有する株主は、取締役の選任、M&Aの決定等の重要な権利を単独で行使できます。このため、支配権の移動を伴う株式取引においては、支配権の移動を伴わない場合に比べて、買い手が支配権の分だけ高い対価を支払うことになると考えられます。この支配権の対価を、コントロール・プレミアムと呼びます。


証券取引所における通常の売買取引は、支配権の移動を伴わないものです。このため、市場株価を用いてマルチプル法による株価評価を行った場合、計算された株価には、コントロール・プレミアムの額が含まれていません。このため、支配権の移動を伴う取引を前提に株価を評価する場合は、コントロール・プレミアムの額を加算する必要があります。
  支配権を伴う株価=市場株価に基づく価格×(1+コントロール・プレミアム)

コントロール・プレミアムは、TOB等における買収価格と公表前の株価の差額等を基礎として求めるのが一般的です。