フリーキャッシュフロー

関連知識

フリーキャッシュフロー(FCF)とは、企業が事業活動から獲得した資金のうち、その使途が経営者の裁量に委ねられている部分を意味します。


企業が事業を維持するためには、必要な投資を確保しなくてはなりません。このため、経営者が自由に使える資金(フリーキャッシュフロー)は、事業活動を通じて獲得した資金から、事業の継続に必要な投資を差し引いた残額となります。フリーキャッシュフローは、事業拡大のための投資、株主への配当、借入金の返済などの原資となります。このため、フリーキャッシュフローの大小とその使い道は、企業の利害関係者にとって重要な関心事となります。


フリーキャッシュフローの計算式に厳密な定義はありませんが、DCF法による企業価値評価においては、以下の数式によるのが通常です。


FCF=営業利益×(1ー税率)+減価償却費-設備投資額-運転資本の増加額