合併

合併とは、会社法に定められた企業再編手法の一つで、2つ以上の会社が統合して1つの会社になるものをいいます。

一般的には、当事会社のうち1社が存続して他の当事会社を吸収する吸収合併の形をとります。
被合併会社(消滅会社)の株主は、合併会社(存続会社)の株式等を対価として受け取ります。株式を対価とする合併の場合、合併会社の既存株主の持株比率は、合併によって低下します。

合併と株式交換は、いずれも対象企業を100%取得する手法ですが、合併によると、再編の当事会社が1つになる点が異なります。株式交換によった場合と比較して、重複する部門の集約、従業員の一体感の醸成、シナジー効果や業務統合の実現などを進めやすくなることが想定されます。