減損会計

関連知識

固定資産の減損会計とは、固定資産に対する投資の回収が難しくなった場合に、その帳簿価額を減額して損失計上する会計処理をいいます。


固定資産への投資は、売却などによってそれ自体の価値の変動から利益を得ることではなく、それらを用いて事業活動を行うことから利益を得ることを目的に行われます。このため、固定資産については、期末に時価評価をするのではなく、一定の方法で毎期減価償却していく処理を行うのが、会計上の取扱いです。
しかしながら、固定資産の価値が大きく下落した場合や、その固定資産を用いて行う事業の収益力が低下した場合など、固定資産に対する投資額の回収が難しくなることが時にあります。

減損会計とは、このような場合に、帳簿価額を回収可能価額まで切り下げる(減損損失を計上する)会計処理です。