配当還元方式

関連知識

配当還元方式とは、少数株主が相続したり贈与を受けた非上場株式の評価に当たって採用できるものとして、相続税に関する財産評価基本通達に定められた評価方法です。
企業が支払った配当金の額を基礎として株式を評価するものであり、評価額は以下の式によって計算されます。

配当還元価格=年配当金額÷10%×1株当たりの資本金等の額÷50

 

※上の式の年配当金額は、以下のように計算します(最低2円50銭)
年配当金額=直前2年間の平均配当額÷(資本金等÷50円)

配当還元方式による評価額は、他の手法によった場合と比較して低くなるのが一般的です。実務上は、少数株主である役職員などに非上場株式を譲渡する際の株価算定に用いられることがあります。
その一方で、配当還元方式は簡便的な評価方法であるため、評価モデルとしての説得力に欠けます。株価の算定について十分な論拠が必要な取引においては、利用に適さないでしょう。