法務デューディリジェンス

関連知識

M&Aに当たって、対象会社が抱える法律問題やリスクを把握することを目的に行われるデューディリジェンスを、法務デューディリジェンス(法務DD)といいます。


法務デューディリジェンスにおける主な調査項目の例は、以下の通りです。

  • 企業の法令遵守体制

  • 会社の設立、過去の企業再編等に関する法的手続

  • 重要な契約の内容

  • 重要な財産(不動産、知的財産権等)に関する権利関係

  • 株式及び株主に関する事項

  • 雇用や労働に関連する事項

  • 重要な許認可の状況

  • 係争事件の状況


法務デューディリジェンスの実施に当たっては、法令に関する専門知識が不可欠です。また、法務デューディリジェンスと並行して、M&Aを完結させるために実施すべき法律行為や最終契約書に盛り込む条項の検討を行うのが一般的です。

このため、法務デューディリジェンスを行う場合は、法律事務所に委託するのが通常です。