ITに係る全般統制(ITGC)

関連知識

ITに係る全般統制(ITGC)とは、企業が利用するIT(情報技術)が想定通りに機能する環境を保つための内部統制を意味します。

ITに係る全般統制(ITGC)は、システムの開発や保守に関する管理、ソフトウェア・ハードウェアに対するアクセス管理、バックアップ、障害対応など、ITの機能を適切に保つための広範な統制を包含する概念です。


情報システムに大規模な障害が生じたり、プログラムに誤った改変や意図的な改竄が加えられることにより、ITが想定通りに運用されない事態となった場合には、企業の業務に大きな支障が生じることがあります。

ITの利用度が高い企業ほど、ITに係る全般統制(ITGC)が内部統制の重要な構成要素となります。