事業譲渡

関連知識

事業譲渡とは、会社法に定められた企業再編手法の一つで、会社が営む事業の全部または一部を他社に譲渡するものです。事業とは、一体で機能する資産、負債、雇用関係、取引関係等を意味し、その具体的な範囲は事業譲渡契約書で特定します。

事業譲渡は会社分割(吸収分割)と効果が似ていますが、個別に移転手続を行った権利義務関係のみを承継させる行為(特定承継)である点で異なります。
資産の所有権、債権債務、取引契約や雇用契約などの承継させたい権利義務関係について、個別に相手方の同意を得る必要があるため、実施に多大な手間がかかる場合があります。
その一方で、移転手続を行わなかった債務は引き継がれないため、簿外債務や偶発債務の存在が懸念されるM&A取引において、そのリスクを遮断する目的で用いられることがよくあります。