株式譲渡

関連知識

会社の株主は、保有する株式を譲渡することができます。対象となる会社が非上場の場合は、定款に譲渡制限の定めが付されているのが一般的なので、所定の方法で会社の承認を得てから行います。

M&Aの手法として見た場合、株式の譲渡は、債権者保護手続などの時間がかかる手順を経る必要がないため、合併や株式交換などより迅速かつ簡便に実行することができます。
その一方で、株主が分散している会社のM&Aにおいては、株式譲渡の方法では、すべての株式を取得して100%子会社化するのが困難な場合もあります。