株式交換

関連知識

株式交換とは、会社法に定められた企業再編手法の一つで、被交換会社の株主が保有する当該会社の株式のすべてを、交換会社の株式または金銭と交換するものです。これにより、被交換会社は交換会社の100%子会社となります。
株式を対価とする株式交換の場合、交換会社の既存株主の持株比率は低下します。

合併と株式交換は、いずれも対象企業を100%取得する手法ですが、株式交換によると、再編の当事会社がそれぞれ別個の会社として存続する点が異なります。人事制度や企業運営等に関する被交換会社の独自性を存続させたい場合、業務やシステム運用の混乱、従業員間の摩擦を避けたい場合などにおいて、合併より株式交換が適しています。