会社分割

関連知識

会社分割とは、会社法に定められた企業再編手法の一つで、既存の会社(分割会社)から、事業の全部または一部を分割するものです。


会社分割には、分割した事業を新たに設立した会社に承継させる新設分割と、既に存在する会社に承継させる吸収分割があります。
また、分割された事業の対価(株式等)を誰が受け取るかによって、分割型分割と分社型分割に分類されます。
分割型分割 … 分割会社の株主が対価を受け取ります。
分社型分割 … 分割会社が対価を受け取ります。

吸収分割は事業譲渡と効果が似ていますが、関連する権利や義務を包括的に承継させる行為(包括承継)である点で異なります。
契約関係の移転手続を個別に行う必要がないため、事業譲渡よりも手続が簡素ですが、分割契約の内容によっては、対象事業に関連する簿外債務等を引き継いでしまう可能性がある点に留意が必要です。