LBO

関連知識

LBO(Leveraged Buyout)とは、対象会社の資産や将来キャッシュフローを担保に銀行等から借り入れた資金で企業買収を行うM&A手法をいいます。
 

LBOスキームにおいて、借入の返済義務を負うのは買収先なので、買い手は相対的に少ない自己資金で大きな会社を買収することができます。買収された会社は、事業から獲得したキャッシュフローや資産売却代金によって、借入金を返済していくことになります。一般的には、多額のキャッシュフローを安定的に稼げる会社が、LBOによる買収に適しています。
LBOを実行する際には、金融機関が負うリスクの範囲の限定や、買い手が意図する株主構成の実現のために、SPCを用いたスキームを組成するのが一般的です。SPCは、銀行から借り入れた資金で対象会社を買収し、その後対象会社と合併します。

LBOは、敵対的買収に用いられることもありますが、多くの場合は買い手(ファンド等)と経営者が協力するMBO(Management Buyout)として行われています。