MBO

関連知識

MBO(Management Buyout)とは、LBOのうち、対象会社の経営者が出資に参加して行われるものをいいます。


いわゆる雇われ経営者が、オーナーや親会社などから経営権を取得しようとすると、株式の買取りに多額の資金が必要となることがあります。このような場合にMBOを用いることができると、銀行などから借り入れた資金で株式を取得し、会社のキャッシュフローで返済していくことが可能となります。


実際にMBOを行う際には、金融機関が負うリスクの範囲の限定や、買い手が意図する株主構成の実現のために、SPCを用いたスキームを組成するのが一般的です。SPCは、銀行から借り入れた資金で対象会社を買収し、その後対象会社と合併します。

MBOのための借入を行うためには、スキームで用いられるSPCに、エクイティ相当の資金を拠出する必要があります。MBOに適するようなキャッシュフローが潤沢な会社の場合、株式価値が大きいため、エクイティとして必要な額も、個人の財産から拠出できる範囲を大きく超えることがよくあります。このため、実際のMBOは、ファンドがエクイティの大半を拠出して行われるのが一般的です。このような場合には、MBO後の議決権の大半をファンドが獲得し、経営者は少数株主として資本参加します。