マルチプル法

関連知識

対象会社と類似する上場会社の株価等を、一定の指標(EBITDA、利益、売上高、純資産など)で除して評価倍率(マルチプル)を算定し、その評価倍率を対象会社の指標に乗じて株価等を計算する手法です。

マルチプル法は、計算過程が単純で手間が小さいため、手軽に適用できる評価手法です。その一方で、類似会社や評価指標の選定を誤った場合には、算定結果に偏りが生じることがあります。