オーバーアロットメント

関連知識

新規上場時など、証券市場において株式の募集・売出しが行われる際に、オーバーアロットメントによる売出し枠が別途設定されることがあります(募集・売出し株数の15%が上限)。


オーバーアロットメントとは、ブックビルディングによって集計された投資家の需要が募集・売出し予定数を超えた場合に、相場の過熱を防ぐため、主幹事証券会社が大株主等から株式を借りて追加販売することをいいます。

オーバーアロットメントを行う場合、主幹事証券会社は、発行体や大株主から事前にグリーンシューオプション(引受価額と同じ価格で株式の発行または譲渡を受ける権利)の付与を受けておきます。

オーバーアロットメントによる売出しを行った主幹事証券会社は、市場で同じ株式を買い付けるか(シンジケートカバー取引)、グリーンシューオプションを行使することによって、借りた株式を返還します。