PER

関連知識

PERとはPrice Earning Ratioの略で、株価収益率と訳されます。
企業価値評価に当たって用いられるマルチプル法の代表的な指標で、株価が当期純利益の何倍で評価されているかを示します。

PERは、以下の算式によって計算されます。
  PER=株価÷1株当たり当期純利益(EPS)

株価が当期純利益の何倍で評価されているかという考え方は単純でわかりやすいため、幅広い投資家によく知られている指標です。
非上場会社が上場した場合の株価の目安を知りたい場合に、対象会社の予想1株当たり当期純利益に同業の上場会社の平均PERを乗じて計算することがよく行われています。

PERは当期純利益を基準とする指標なので、支払利息、特別損益、税金等の影響を受けます。比較される企業間で資本構成が違う場合や、一方に多額の特別損益が生じている場合などには、適切な比較ができないことがあります。また、赤字(当期純利益がマイナス)の場合は、PERを用いた比較を行うことができません。