四半期レビュー

関連知識

四半期レビューとは、公認会計士又は監査法人が、年度決算について監査を行うこと前提に、四半期の決算書(四半期貸借対照表、四半期損益計算書等)について、意見を表明することをいいます。


四半期レビューの手続は監査と比べて限定的で、質問と分析的手続が中心となります。

このため、公認会計士等が表明する四半期レビュー意見は、決算書が適正でないと信じさせる事項がなかったかどうかに止まります(消極的保証)。