主幹事証券会社

関連知識

有価証券の募集や売り出しに当たっては、円滑な販売や売れ残りリスクの軽減・分散の目的で、複数の証券会社がシンジケート団(シ団)を組成して引き受けるのが通常です。このシ団の中心となって、元引受契約の内容に関する発行体や売出人との協議、募集・売り出し手続の進行管理などの役割を担うのが、幹事証券会社です。

主幹事証券会社とは幹事証券会社の代表をいい、募集・売り出しに関連する業務を主導するともに、最も多くの数量を引き受けます。事務幹事証券会社とも呼ばれます。

株式の新規上場に伴う募集・売り出しにおいて、主幹事証券会社の役割は特に重要となります。

主幹事証券会社は、社内体制整備や資本政策に関する助言を行い、上場企業に相応な実態が備わっているかを審査したうえで、取引所への上場推薦を行います。