種類株式

関連知識

会社法は、株式会社が権利内容が異なる複数の種類の株式を発行することを認めています。この場合に、権利内容が標準的な株式を普通株式、普通株式と権利内容が異なる株式を種類株式と呼ぶのが一般的です。


なお、株式について異なる権利内容を設定できるのは、配当、残余財産分配、議決権、譲渡制限など、会社法108条1項で定められた事項に限られています。