修正簿価純資産法

修正簿価純資産法とは、純資産法に属する企業価値評価の手法です。

 

修正簿価純資産法では、貸借対照表に計上された資産・負債のうち、有価証券や不動産など、時価評価による影響が大きい項目や時価を計算しやすい項目のみを時価評価して求めた純資産を基礎として、株価等を計算します。