運転資本

 

関連知識

運転資本(WC:Working Capital)とは、事業活動に伴って必要となる資金を意味します。資金として回収される前の事業用資産の額から、事業のために支払いを要する負債の額を差し引いて求めます。
  運転資本 = 事業用流動資産 - 事業用流動負債

  事業用流動資産: 売掛金、受取手形、たな卸資産など
  事業用流動負債: 買掛金、支払手形など

運転資本の変動は、企業の資金繰りに大きな影響を及ぼすことがあります。

たとえば、販売代金の回収サイトが長い事業や在庫の確保が必要な事業においては、売上高が拡大して会計上は利益が計上されていても、支払が先行して資金繰りがひっ迫することがあります。