WACC(ワック)

関連知識

WACCとはWeighted Average Cost of Capitalの略で、よくワックと発音されます。加重平均資本コストとも呼ばれます。


WACCは、株主資本コストと負債コストを加重平均したもので、割引率の代表的な算出方法です。企業価値をDCF法で評価する際には、割引率にWACCを用いるのが一般的です。

WACCの算式は、以下の通りです。
  WACC = D ÷(D+E) × rD × (1-t) + E÷(D+E) × rE

  D:負債総額
  E:株式の時価総額(株価×発行済株式総数、非上場会社の場合は類似の上場会社を元に推定)
  rE:株主資本コスト。CAPM理論によって求めるのが一般的です。
  rD:負債コスト。実際の借入利率等を元に、将来のコストを予測します。
  t:実効税率

なお、上の式の(1-t)の部分は、負債コスト(金利)が損金算入されることによる節税効果を意味しています。