有価証券届出書

関連知識

有価証券届出書は、金融商品取引法に基づく開示書類です。

1億円以上の有価証券の募集・売出しを行う会社は、金融商品取引法に基づき、あらかじめ有価証券届出書を作成し、財務局に提出する必要があります。
 

有価証券届出書には、連結・個別財務諸表等の決算情報、生産、受注及び販売の状況、株式の状況などを含むさまざまな情報が記載されます。

有価証券届出書に記載される決算書については、公認会計士又は監査法人による会計監査を受ける必要があります。


新規に上場しようとする会社は、取引所に上場承認を受けた後に、有価証券届出書を財務局に提出する必要があります。また、上場審査書類として、有価証券届出書とほぼ同内容の「Ⅰの部」を、取引所に提出する必要があります。