財務デューディリジェンス

関連知識

M&Aに当たって、対象会社の財務諸表の適正性、簿外債務や偶発債務のリスク、収益力やキャッシュフロー獲得能力の把握等を目的に行われるデューディリジェンスを、財務デューディリジェンス(財務DD)といいます。


財務デューディリジェンスにおける主な調査項目の例は、以下の通りです。

  • 財務諸表の適正性に関する検討

  • 簿外債務・偶発債務の検討

  • 正常収益力の分析

  • キャッシュフロー分析

  • 後発事象の検討


財務デューディリジェンスの実施に当たっては、会計に関する専門知識が不可欠です。このため、財務デューディリジェンスを行う場合には、公認会計士等に委託するのが通常です。