IPO支援サービス

経営者の意思決定を、助言によってサポートします。作業の外注ニーズには、専門家で構成されたチームを組成して対応します。

弊社は、ワンストップでIPOを支援します。

弊社のIPO支援

関連当事者取引の整理、資本政策の決定、組織再編、重要な役職員の採用、システムの導入・更新…。IPOの準備の過程において、経営者は多くの判断を求められます。ここで経営者が的確な判断をできるかどうかは、IPO準備を滞りなく進めるためだけでなく、企業の将来の発展のためにも重要です。

管理部門には、J-SOXの導入、内部監査の運用、開示書類の作成、審査対応など、さまざまな作業の負荷がかかります。これらに社内のリソースだけで対応するのは困難なことが多く、作業の外注がよく行われています。

弊社は、専門知識、IPOに関する実務経験、そしてビジネスに関する洞察を用いて、経営者の判断をサポートする助言を行います。作業の外注ニーズに対しては、専門家で構成されたチームを組成して対応します。

経営意思決定レベルから作業レベルまで、IPO準備において企業が直面する課題にワンストップで対処できるのが、弊社の強みです。

スケジュール

上場

申請

上場

承認

上場

IPOまでのスケジュールは、概ね以下のように進みます。

  • IPOを目指すことを決定したら、まずは監査法人のショートレビューを受けて、課題を把握します。

  • 直前々期以降は監査法人による会計監査を受ける必要があります。

  • 主幹事証券会社の公開引受部門からコンサルティングを受けて社内体制を整備してから、引受審査部門による審査を受けます。

  • ​主幹事証券会社から上場推薦を得て取引所に上場申請を行い、上場審査を受けます。

主なサービス

IPOコンサルティング

IPO準備のプロセスにわたって、企業は多くの課題に対処する必要があります。また、経営者はさまざまな意思決定を迫られます。

弊社は、IPOに関する豊富な実務経験と、内部統制、会計、財務、上場規則等に関する知見を駆使して、IPOの準備の過程で企業とその経営者が直面するあらゆる課題について、助言を行います。

J-SOX導入支援

新規上場会社は、上場申請期からJ-SOX(内部統制報告制度)に対応する必要があります。

​J-SOXに対応するには、財務報告に関する内部統制を構築したうえで、多くの評価文書を作成しなくてはなりません。

弊社は、関連規則や内部統制に関する理解を踏まえて、J-SOXの効率的な導入を支援します。

内部監査支援

上場審査においては、内部監査体制の整備を求められます。J-SOXに対応するために、内部統制の運用状況のテストを行うのも、多くの場合は内部監査担当者です。しかし小規模な上場準備会社にとって、内部監査の人員確保やノウハウの蓄積は、時に大きな負担となります。

弊社は、会計監査で培われたノウハウも活用しつつ、内部監査体制の構築や実際の運用を支援します。

その他サービス

上場準備の過程で生じる様々な課題に対処するために、関連する財務アドバイザリー・サービスを提供します。

それぞれのサービスの詳細については、こちらをご参照ください。

​具体例

  • 決算の早期化、誤謬の低減などの目的で、内部統制に関する検討・助言を行います。

  • 連結決算の導入、IFRS導入に当たっての会計方針検討や文書作成、開示書類の作成など、ディスクロージャーの支援を行います

  • 事業計画の策定を支援します。